乳酸菌サプリを選ぶ3つのポイントとは

乳酸菌のサプリメントを摂取することを決めたら、3つのポイントにしたがってセレクトしましょう。まず大切なのは、続けられるものを選ぶことです。いいものでも続かなければまったく意味がありません。飲みやすさ、金額等しっかり考えて続けられるものをチョイスしましょう。そこで絞り込んだら次は2つ目のポイント、オリゴ糖チェック。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして腸内を整えるお手伝いをする物質で、便秘解消等に一役も二役も買う重要なものです。ぜひ、配合されたものを選んでください。3つ目は、その乳酸菌が生きて腸まで届くサプリを選ぶこと。実は乳酸菌は胃酸にやられてしまうこともあるのです。腸に届かなければ意味がないので、胃酸から乳酸菌を守れる状態のサプリを選ぶこと。ぜひこの3つをチェックしてくださいね。

乳酸菌ってそもそもなぁに?

乳酸菌が体にいい、というのは誰しもが聞いたことのあること。でも、具体的にどういうふうにいいのか、本当に分かっていますか?そもそも乳酸菌とは何か、という話からになるのですが、乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作りだすことによってエネルギーを得る細菌の総称で、よく聞くビフィズス菌もその1つです。乳酸菌を利用して発酵させたものにヨーグルトや乳酸飲料、チーズ、みそ、しょうゆなどが挙げられます。それらを普段から意識して摂取することで腸内で働く善玉菌が増え、腸内環境が整うので結果として便秘が解消されたり、腸内の悪玉菌を減らすことができたりするのです。乳酸菌自体は糖を分解してエネルギーにするということなので、その働きをより活発にするために、乳酸菌サプリにはオリゴ糖などの糖類が一緒に配合されていることも多いですね。

乳酸菌が不足するとこんな恐ろしいことが!

その乳酸菌ですが、不足するとどうなるかというと、まず腸内環境が悪化します。増えすぎると病気になりやすくなると言われている悪玉菌が増えます。その結果、腸内の腐敗が進んだり、有害物質が過剰に生産されたりします。それが原因で免疫力が低下しますし、発がん性物質の生産量も増えるので、動脈硬化や大腸ガン、肝臓病などにかかりやすくなります。また、慢性的に下痢や便秘に悩まされやすくなったりしてしまうのです。一度悪玉菌が増えるともうどうにもならないのかと不安になる人もいるでしょうが、大丈夫。気付いたときにすぐ乳酸菌を取り入れ始めることで、腸内環境は改善されていきます。乳酸菌やビフィズス菌を意識して摂取すると、腸内で働き、腸内のphを下げて悪玉菌が済みにくい環境へと整えてくれるようになります。同時に、酸に弱い病原菌などの増殖も抑えることができるのです。乳酸菌を食生活に取り入れることで、便秘などの不快な症状や大きな病気を予防できる。だからこそ、乳酸菌が話題になるのです。

乳酸菌を効果的に取り入れるならサプリでしょ

ですが、食事として口から摂取した乳酸菌は、実は腸管内で定着しづらいのが現実。腸内を大掃除して便とともに排出されていってしまうので、定期的に取り入れ続けることが必要になってきます。しかしながら、毎日たっぷり乳酸菌を食事に取り入れるのは意外と難しいもの。ヨーグルトがいいとは言うものの、お腹がゴロゴロする人もいるし、苦手な人だっています。みそやしょうゆ、漬物やキムチなどの発酵食品を意識してとろうにも、取りすぎれば塩分過多になりそうなものも多いし、カロリーも気になりますよね。それを解決してくれるのが乳酸菌のサプリなのです。和食にヨーグルト、のように「合わない」と気にする必要もありませんし、薬のようにどこでも摂取できるので、飲み忘れが少なくなります。食後に気が付いても間に合います。食品だと、お腹いっぱいになった状態にさらに食べるということは難しいですが、サプリは問題ないですよね。究極は、寝る前に飲んでもいいわけですから。カロリーが気になる場合でも、サプリメントは成分が凝縮されており、カロリー自体は低く抑えられていますので安心です。

なぜ?乳酸菌をサプリで取る方がいい理由

この乳酸菌、なぜサプリの方がいいかと言うと、実は胃酸に弱いからなのです。発酵食品を食べても、その中に含まれている乳酸菌が全て生きたまま腸に届くわけではありません。実は大部分は胃酸によって死んでしまうと言われています。サプリメントなら、カプセルなどで保護することができるため、生きたまま腸に届けることが可能なのです。また、植物性の乳酸菌は、乳製品などの動物性のものに比べ、比較的酸に強いと言われています。納豆や糠漬けなどの発酵食品が多く取り入れられている和食は理想的だったのですね。毎日というのは飽きてしまうかもしれませんが、生きたままの乳酸菌を増やして腸内環境を整えるには、サプリメントだけではなく、植物性の乳酸菌も食事等で効果的に取り入れることも大切です。ちなみに死んでしまった乳酸菌は何の役にも立たないというわけではありません。これらは腸内で善玉菌の栄養源となりますので、やはり腸内環境を整える手助けにはなっているのです。死して後も働く乳酸菌、見習いたいものです。